LGP3講座
LGP3に関する基礎知識からちょっとした小技、
使用している周辺ツールの紹介なんかも
やっていけたらと思います


TOPへ戻る

001 その1 LGP3とは?
002 その2 LGP3に必要なもの
003 その3 2D画像の表示
004 その4 キャラをコントローラで動かす
005 その5 マップチップ表示
006 番外編1 膨大なマップデータ
007 その6 膨大なマップデータの表示
008 膨大なマップをドットスクロール
009 番外編2マップ表示応用編
010 番外編3 フレームスキップ
011 番外編4 応用、モザイク処理
012 番外編5 スプライン、ベジェ
013 番外編6 ラスタースクロール
014 サンプル1 スーパーマリオみたいな挙動

- MultiView (Version 3.4) -

admin mode new input logout
014 サンプル1 スーパーマリオみたいな挙動 2010/05/23(Sun) 22:23
データはこちら(ZIP形式)

今までの応用でスーパーマリオみたいな挙動を再現してみました。
キモは何といってもブロックとの当たり判定です。
頭、足元、左右壁判定…と4箇所もありますので
それをどのように処理しているかがポイントです。

あと、アニメーションで固定小数点定数の応用をしています。
特性を知っておけばどうって事ないですので
知っておいて損は無いです(^^

ちなみに…
画面右に1ブロック隙間があるところを
ダッシュしてみてください。そこまで再現しています(笑)

カーソル左右で移動
カーソル+Zキーでダッシュ
Xキーでジャンプです

あとキュアマ○ンなのは気にしないでください(^^;